デジャブの意味とは?特徴・原因・使い方、反対のジャメヴも解説

こんにちは、リリーです。

「デジャブ」という言葉をご存知でしょうか。

デジャブとは日本語にすると既視感と言います。実際は1度も体験したことがないのに、どこかで体験したことのように感じる現象のことをさします。

もしかすると多くの人がデジャブを体験したという方がいるかもしれません。

今回はそんなデジャブの意味や特徴、また原因はデジャブの反対であるジャメブについて解説していきます。

デジャブの意味

デジャブの語源はフランス語の「déjà-vu」です。「デジャブ」または「デジャヴ」と呼ばれ、デジャブを日本語にすると既視感と表記されます。

デジャブとは実際は1度も体験したことがないのに、どこかで体験したことのあるように感じる現象のことをさしています。

例えば誰にも話したことのない話をしているのに、「前にも同じような話をしたな」と感じる、1度も見たことのない景色なのに、「どこかで見たような景色だな」と感じるなど、前にも同じ体験をした、どこかで体験したなと感じることがデジャブです。

このような現象を体験した方は多いかと思いますが、デジャブは性別年齢問わず誰でも感じることのある現象なので心配する必要はありません。

デジャブが多い原因

デジャブはなぜ起こるのでしょうか。実はデジャブが起こる原因は分かっていません。ですが、デジャブが起こる原因はいくつかあげられていますので、ご紹介いたします。

 

①錯覚が原因

デジャブの原因として錯覚説があげられます。

例えば、あなたが美しい風景を見ているとします。ですがあなたは目の前にある風景に対し「どこかで見たことがあるのではないか?」疑問と感じてしまいます。これがデジャブなのですが、この錯覚こそがデジャブの原因として考えられています。

人間の脳は休まず働き続けています。しかし、時折誤作動を起こすこともあります。その誤作動の中でも短期記憶の神経、長期記憶の神経の重なり合う部分が誤作動を起こした時、人は錯覚を起こし、デジャブを体験することとなると考えられています。

 

②視覚の差が原因

脳機能の誤作動により錯覚を起こしデジャブを体験するといった錯覚説の他に、視覚が原因と考えられることもあります。

人は何かを見るとき、片方の目はもう片方の目よりも早く見たものを記憶することができるとされています。つまり、もう片方の目は記憶された目よりも遅く物体を見て、記憶するのです。

どちらかの目が、片方の目よりも僅かに早く物事を記憶することができるのですが、その僅かな時間差がデジャブを起こす原因になっているのではないかと考えられています。

しかし、この説は視覚に関する説明しかきていません。デジャブは視覚だけではなく聴覚や触覚でも感じることができます。

この説では残念ながら聴覚や触覚から感じるでデジャブの原因の説明にはなっていません。

 

③前世の記憶が原因

デジャブは前世の記憶が原因といったスピリチュアルな考え方があります。

前世があったとしても前世の記憶を覚えているといった人はいないでしょう。

しかし、記憶に残っていないとされている前世の記憶が蘇ってきたことでデジャブが起こると考えられています。つまりこれまで1度も体験したことのないものを、以前も体験したと感じる場合、それは前世で体験していたということなのです。

デジャブの原因はまだはっきりと分かっていませんので、このような素敵な考え方があってもおかしくはありません。

 

④以前見た夢が蘇ったことが原因

精神医学者ジークムント・フロイトは著書『日常生活の精神病理学』においてデジャブはすでに見た夢と考え、そのすでに見た夢が蘇った、しかし、夢は無意識のうちにみるものであるため、意識的に思い出すことはできないといった人の性質からデジャブは引き起こされると説明しました。

 

デジャブが起こる人の特徴

デジャブは性別年齢問わず、誰でも起こることのある現象です。

しかし、デジャブを体験しやすいといった人がいます。ここではデジャブが起こりやすい人の特徴をご紹介していきます。

 

①アクティブな人

デジャブの原因として短期記憶の神経、長期記憶の神経の重なり合う部分が誤作動を起こした時、人は錯覚を起こしデジャブを起こすという考えがありました。

外出や旅行をよくする人は、あまり外出や旅行をしない人に比べ、初めて見る景色が多いはずです。そのためデジャブを感じるきっかけが多くあります。

アクティブな人はあまり外出や旅行に出掛けない人に比べ、デジャブが起こりやすいと言えます。

 

②若者

若者といっても15歳から25歳と限定されています。

この年齢にデジャブが起こりやすい理由として15歳から25歳までは初めての経験をすることが多い年齢であるからとされています。

受験や就職など様々なイベントがある年齢です。自身の体の変化や人付き合いの変化など様々な変化も伴います。そうした自分にとって初めてとなる経験をしやすいこの時期は、必要のないものまで記憶してしまいます。そのため脳は飽和状態となり、そこから錯覚を起こしでデジャブを引き起こすと考えられています。

 

③ストレスが溜まっている人

デジャブはストレスの原因である記憶を消すために引き起こされる、嫌な記憶から遠ざけるために引き起こされるといった考え方もあります。

この考え方からすると、ストレスを強く感じている人ほど、デジャブが起きやすいといえます。

 

④疲労を感じている人

精神的、肉体的に強く疲労を感じている人はデジャブを感じやすいとされています。

疲労の蓄積により脳が無気力状態となると、脳はデジャブを引き起こし、脳の働きを無理やり活発化させようとすると考えられています。肉体的、精神的に疲れがたまり無気力状態になっている人はデジャブを引き起こしやすいでしょう。

デジャブの例文、使い方

デジャブという言葉はあまり頻繁に使う言葉ではありません。そこでデジャブを使った例文をご紹介いたします。

  • 初めて行った旅行先でデジャブを感じた。どこかで見たことのあるような景色だった。
  • 以前聴いたことがあると思っていた曲が、実は新曲でデジャブを感じた。
  • 初対面の人との会話にデジャブを覚えた。以前にも話したことのあるような内容だった。

 

デジャブの反対「ジャメヴ」とは

実際は1度も体験したことがないのに、どこかで体験したことのように感じる現象はデジャブと言います。

一方でデジャブとは逆に、見慣れたもの、体験したものが未知のもののように感じることを「ジャメヴ」と言いい、日本語では未視感と言います。語源はデジャブと同じくフランス語で、「jamais vu」と表記されます。

すでに知っていることを一瞬認識できないといった現象で、ジャメヴュもデジャブと同じく心理・脳科学など様々な分野で研究が行われています。しかし、デジャブと同様にその原因ははっきりと分かっていません。

 

まとめ

デジャブの意味や原因、起こしやすい人の特徴、また使い方や反対の意味を持つ「ジャメヴ」について解説いたしました。

デジャブは男女年齢問わず健康な人でも起きるものです。楠見孝による「類似性に基づく記憶の自己組織化-アナロジー、メタファ、デジャビュ-」には一般大学生の72%はデジャブを引き起こしたことがあるといった調査結果が記されています。

多くの人が引き起こされるデジャブですが、実はその原因は未だ判明されていません。

「電話占い」に興味がある方へ
リリーがオススメする「電話占い」にご興味はありませんか? 一流の鑑定士が、「恋愛」や「復縁」、「離婚」や「不倫」、「仕事」や「人生」などに関する占いや相談に乗ってくれますよ♪ ぜひ、ここから無料登録してみてくださいね。
(提供:カリス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。