【動物占い】ゾウの性格・相性、恋愛・仕事・人間関係を解説!【2019年】

こんにちは、リリーです。

ユニークだけど的中率がすごいと人気の動物占いをご存知でしょうか。自分の生年月日からどんな動物なのかが分かり、それぞれの動物が持つ意味によって今まで知らなかった自分の一面に気づくことが出来ます。

今回はゾウについて、性格や特徴、相性や恋愛などについて解説していきます。

ゾウの性格や特徴

職人気質

大きいために、天敵に襲われることが少なく、非常に組織的に行動することができるゾウ。

しかし、体格とは正反対に、ハートはガラスのようにとても繊細です。

そして、丁寧な作業をすることでも知られています。ゾウは、細かな作業が好きで、器用です。

一つのことに集中するタイプで、意外なほどの実力を発揮し、しかも他人を遠ざけないという美点を持っています。

いつ終わるのか分からないコツコツとした単純作業でも、ゾウにとっては、苦にはならず、終わりが見えるまで淡々とこなします。

 

面倒見のいい性格

おっとりと見えて実は繊細なゾウは、自分の仕事の領分をよく理解して取り組むことが出来ます。

それと同時に、視野が広いため、困っている仲間がいないかどうかを良く見ることができるという特徴を持っています。

また、気質が優しいという一面があり、悩んでいる人の話を良く聞き、しっかりと対処法を見出していこうとします。

ゾウは面倒見が非常に良いということになります。

一度おせっかいをやいたら、解決するまで持っていってくれるだけの能力と判断力を持ち合わせています。

組織としても、実行者としてだけではなく、周りの問題が解決するよう、導く力を期待できる人物だと言えます。

 

堂々としている

性格的にどっしりとしていて、しかも周りに目を配れる能力のあるゾウは、周りから頼りにされ、同時に周りを頼りにできる器量を持ち合わせています。

自然と堂々とした態度を取ることが出来るのは、その性格のためとも言えます。そして、貫禄があるようにも見えるので、発言に説得力も感じられます。

口うるさく言わなくても、周りの士気を上げ、能力を引き出すことができるタイプとも言えます。

実務者として力を発揮することが出来ますが、リーダーとしての素質も十分に持ち合わせています。

 

細かい計算は苦手

細かい作業が得意で器用な一面を持つゾウですが、間違いを探すことに関しては苦手分野に入ります。

例えば、人のアラを探したり、物事の細かなミスを詰めたりする作業のことですね。

ミスを発見して正しく直すのは必要な事ではありますが、デリケートな性格なため、精密な作業を延々と続けていくような役割や仕事を任せる形になってしまうと、精神的に消耗し切ってしまいます。

 

待たされることが嫌い

どっしりと構えてニコニコと雰囲気が良く、能力も高いのでサークル活動や仕事の場でも重宝されるゾウですが、待たされることについては非常に苦手です。

器が小さいと言う意味ではなく、人の内面や仕事ぶりを信じたいからこそ、時間や納期などの部分を重視していきます。

しかし、自分を律するだけではなく、相手にも知らず知らずのうちに自分の考えを押し付けてしまう部分があるようです。

態度に表れることは少ないですが、付き合う人の中でゾウの人がいれば、くれぐれも時間厳守を肝に銘じておきましょう。

ゾウと相性の良い動物

コアラ

ゾウとコアラはどちらとものんびりしているタイプなので、互いに居心地のいい時間を過ごすことが出来ます。

恋愛関係においても、空気感や過ごし方が一緒で、安心できる存在だといえます。

2人で何か計画を立てた時に、意見が対立してケンカになってしまう可能性もあるので、お互いに寄り添って、意見を受け入れ合うことで、長続きする関係になるでしょう。

【動物占い】コアラの性格・相性、恋愛・仕事・人間関係を解説!【2019年】

2019年3月6日

 

黒ひょう

ゾウと黒豹はどちらも冷静なタイプの人が多く、一緒にいると落ち着いた時間を過ごすことが出来ます。

また、黒豹は意外と人当たりが穏やかな人が多く、ゾウと一緒にいても特にゾウのドライな部分を気にすることなく、楽な関係を築くことが出来ます。

恋愛関係では、互いの性格を理解し合うことで良い関係を築くことが出来ます。

【動物占い】黒ひょうの性格・相性、恋愛・仕事・人間関係を解説!【2019年】

2019年3月8日

 

ゾウと相性の悪い動物

ゾウ

ゾウとゾウは、似ている性格だからこそ、腹が立つ部分がどうしても出てくる可能性が高いです。

ゾウはマイペースで自分のやりたいことに対しては熱中するタイプです。ですので、熱中できるものの対象が違っていた場合には、お互いに理解し合うことが難しくなってきます。

話が合わないと、破局へと向かっていく可能性も高いでしょう。

 

こじか

ふたりの基本的な人間関係は友達であればある程度の仲にはなれそうですが、それ以上に親密な関係になることは難しいです。

お互いに性格が真逆なので、一見刺激し合えそうなのですが、実はその性格の違いにイラッとし合ってしまいます。

【動物占い】こじかの性格・相性、恋愛・仕事・人間関係を解説!【2019年】

2019年3月12日

ゾウの恋愛

押しの一手でつかみ取る

小細工をすることを苦手とし、一度決めた事には真っすぐに突き進む性格です。

好きな人ができたら他の人の忠告は全く聞かず、自分の意思を貫き通します。

融通がきかず、自分本位になりすぎることもゾウの特徴です。

 

根回しが得意

ゾウは真正面から突き進みますが、それだけではなく、根回しも得意です。裏では綿密に計算をし、いろいろな所に手を回していることも。

ゾウと一度親しくなると、深い愛情で包み込んでくれます。面倒見のいいゾウは、頼りがいのある素敵なパートナーになるでしょう。

 

ゾウの仕事

地道にコツコツと行える仕事

幹部やリーダーに推挙されても良い仕事をしますが、自ら輝くというよりは、なかなか目立つタイプではないので、周りからの評価が上がらず、出世をするどころかストレスを溜め込み続けることとなります。

華やかな職場ではなくても、やればやっただけの評価が上がる仕事に就くと、その力を発揮することが出来ます。

不言実行を旨とするような職場では、ゾウの貫禄やオーラによって説得力が上がり、上役に推挙されても、そこで成功できる可能性が高まります。

適職として、研究者や商品開発と言った地道にコツコツする作業が求められる職業がぴったりです。

ゾウの人間関係

仕事においては、どのポジションでも有能で、誠実に取り組んでくれます。そのため、職場の方からは頼られる存在となるでしょう。

仕事などを離れたところでの人間関係でも、その優しくて誠実な性格は、自然と発揮されています。

しかし、基本的には受け身であり、さらには口下手でもあるので、話題がフラれなければ、沈黙が続きます。

口下手で口数が少ないゾウですが、むしろとても友達思いで人情味に厚い性格をしているので、何か困ったことがあったら、真剣に相談すべきタイプとも言えます。

また、ゾウは判断力にも優れているので、良い解決策へと導いてくれることでしょう。

 

ゾウの2019年の総合運

周りとの人間関係が良くなる一年になります。周囲と良好な関係を築け、信頼関係も生まれます。

仕事でも、自分にとって頼りになる仲間がたくさんできる年になり、充実して過ごすことが出来ます。

自分自身も行動力が出てきて、アクティブに動くことが出来ます。さらに仲間と共に力を合わせれば、様々な困難や問題を打ち破ることができます。

自分を律することで、信頼関係はこの先も長く続くようになります。

 

まとめ

ゾウはどっしりとして頼りがいのある体格をしていますが、繊細でデリケートな一面も持っていましたね。

口下手で口数も少ないですが、相談事をすれば、ちゃんとした解決策を一緒に考え、親身になって相談にのってくれるので、頼もしいタイプでもあります。

会話が少なくても、互いに雰囲気を楽しめるような場を作っていくと、喜ばれるのではないでしょうか。

P.S.
リリーがオススメする「電話占い」にご興味はありませんか? 一流の鑑定士が、「恋愛」や「復縁」、「離婚」や「不倫」、「仕事」や「人生」などに関する占いや相談に乗ってくれますよ♪ ぜひ、ここから無料登録してみてくださいね。
(提供:ウィル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。