リリーの公式LINEに興味のある方はこちら

【干支占い】未年の性格・相性、恋愛・仕事・人間関係を解説!【2020年】

こんにちは、リリーです。

起源である中国から発祥した「干支」は、今では日本でもなじみが深いものとされています。そして干支でも、星座や血液型占いのように、性格や相性を占うことができます。

今回は羊を表す未年(ひつじどし)の人の性格や、恋愛・仕事・人間関係、2020年の運勢などについて解説していきたいと思います。

未年の性格と特徴

人当たりが良く、おだやか

十二支の中でも特に寛大な性格をしています。そのため、「この人といると落ち着く」と思えるのが未年の特徴です。

何か困っていることがいれば、未年の人に相談することで、心強く感じられることでしょう。また、初対面でもとても声を掛けやすい雰囲気を持っています。

 

芯があり真っすぐな性格

穏やかな雰囲気を持ちつつも、実はとても芯の通った真っすぐな性格でもあります。

一つのことに集中できたり、こだわって研究したりするなど、探求心も人一倍強いようです。

しかし、興味がない事には見向きもしない傾向もあります。

 

思いやりがある

困っている人を見ると放っておけず、親身に助けようとするところも未年の特徴です。

おっとりとして、大らかでマイペースな性格をしつつも、いざとなった時には頼りになる存在です。

その人がいるだけで周りが安心するというように、なくてはならない必需品のような存在でもあります。

 

優柔不断

自分の意思を尊重する未年は、自分に決定権がある時には即答で判断することが出来るのですが、それ以外のことになると優柔不断になってしまう傾向があります。

人がいいのも未年のいいところではあるのですが、時としてそれが仇となってしまうことが多く、みんなにいい顔をするので八方美人だと思われることもあります。

 

平和主義

未年は平和主義で、争うことを嫌います。

そのため、言うべきことを言えない時もあり、結果的に周りの状況が悪化してしまうケースが出てきます。

しかし、黙っているだけでは解決しないこともあるので、言うべきことはしっかりと提案してみると良いでしょう。

未年の恋愛

ロマンチスト

未年は1人の人を一途に愛し続けることが出来るロマンチストです。

恋愛体質になりがちではありますが、それほど相手への想いが強い証でもあります。

 

甘えん坊

恋愛体質なので、甘えん坊な一面もあり、依存しやすい傾向にあります。

ドライな関係は苦手で、恋人にはべったりするのが好きです。

 

独占欲が強い

相手を一途に思う気持ちが強く、非常に独占欲が強いです。

相手の様子を常に知りたいと思っているので、電話やメールも返信が届くまで粘着してしまう傾向があります。

未年と相性が良い干支

寅年(とらどし)

心遣いが出来る未年を、寅年は好印象に感じます。また、自分にはない寅年の性格に、未年は惹かれていきます。

お互いにないものを補い合え、理解し合うことが出来る相性です。

寅年は我が強い面もあるので、未年がフォローすることによって上手くいくでしょう。

【干支占い】寅年の性格・相性、恋愛・仕事・人間関係を解説!【2020年】

 

卯年(うどし)

お互いが持つ欠点を補い、長所を伸ばし合える相性です。

協力し合うことで、良い関係を築くことができ、成功を収めやすくなるでしょう。

また、自分が持っている本音も出しやすい相手と言えます。

【干支占い】卯年の性格・相性、恋愛・仕事・人間関係を解説!【2020年】

 

辰年(たつどし)

未年は思い切りの良さを持つ辰年に惹かれ、辰年も我慢強い未年の性格に惹かれます。お互いの性格に惹かれ、理解し合える相性です。

家庭運に関してですが、辰年には浪費癖があるので、未年がカバーをして支えると良いでしょう。

主導権は辰年に任せ、辰年は決断する前に未年に相談をすることで上手くいくでしょう。

【干支占い】辰年の性格・相性、恋愛・仕事・人間関係を解説!【2020年】

 

未年と相性が悪い干支

子年(ねどし)

表面上は仲良くできますが、感情で動く未年と理性で動く子年は根本から合わず、深い関係になることはありません。

また、未年は子年に対して批判的になりがちな傾向もあります。

仕事上では、お互いに割り切って協力することが出来るので、大きな失敗はありません。

【干支占い】子年の性格・相性、恋愛・仕事・人間関係を解説!【2020年】

 

丑年(うしどし)

お互いに落ち着いた性格をしており、争い事を嫌います。しかし、丑年はマイペースで頑固な部分が強いので、譲り合うことはなく、一緒にいてイライラしてしまいます。

気持ちや考えも合わず、理解し合うのは難しいでしょう。

【干支占い】丑年の性格・相性、恋愛・仕事・人間関係を解説!【2020年】

 

戌年(いぬどし)

よく衝突し合う性格です。

お互いに性格が異なり、理解することが難しい相性です。

付き合いが深くなるにつれて、戌年の言動に対して、未年は負担を感じてしまいます。

【干支占い】戌年の性格・相性、恋愛・仕事・人間関係を解説!【2020年】

未年の仕事

集団で行う仕事

未年は主体的に行動するタイプではないので、個人プレーが苦手です。しかし、集団で行う仕事では本領を発揮します。

集団の中で人間関係を構築するのが得意なので、チームワークを必要とする仕事が適職だと言えます。

リーダーのような、大きな決断をしたり責任を負う立場はストレスも大きく、未年の人には負担が重いことが考えられます。ですので、縁の下の力持ちとして組織で活躍することで、成功へと近づきます。

地道な努力によりスキルや能力を身につける晩成型でもあるので、日々の努力が活かされる職場で働くと良いでしょう。

 

芸術関係の仕事

豊かな感受性を活かして、芸術関係を職業にするのもおススメです。自分が持っている本来の才能を発揮できる可能性があります。

 

医療関係の仕事

また優しい性格なので、医療福祉系などの人の役に立てる仕事も向いているでしょう。

 

未年の人間関係

穏やかで情に厚く、誠実な人柄で真心から人に接するので、誰からも慕われ、交流の輪が広がります。

学生時代の友人が一生の親友となる人も多いでしょう。

包容力もあり、若い頃に苦労したぶんだけ、慈愛に満ちた人物になります。

個人プレーは苦手としますが、人間味豊かな人柄に多くの人が集うので、周囲から信頼されることで活躍できます。場の中心人物として、不動の立場を築く力も持っています。

自信と信念を強く持つことで、より開運に近づくことが出来ます。

女性は、結婚後も、共働きをすると良いでしょう。

未年の2020年の総合運

去年、未年は喜怒哀楽の多い1年でした。ストレスも多く、疲れが溜まりやすい1年であったようです。

しかし2020年、未年にとって安定した1年となっています。大きなトラブルもなければ、人生を変えるような大きな出来事もないことでしょう。人間関係においても大きなトラブルはなく、ストレスフリーな1年となりそうです。

落ち着きを取り戻せる1年ですので資格の勉強や旅行、趣味など、自分のための時間が増えますよ。来年以降、仕事やプライベートで忙しくなりそうです。自分のための時間がたっぷりとれるのは今年だけですので、やりたいことや、挑戦したいことには今年、行動に移すようにしてください。

 

まとめ

物腰柔らかく、優しい印象を人に与えます。

おとなしくおだやかな性格をしていますが、芯があり真っすぐに物事にむかっていく強さも持っています。

一度決めたことは絶対に譲らない頑固な一面もありますが、未年の意志の強さは多くの人からの信頼を集め、協力してくれる人が現るでしょう。

今年は感情の浮き沈みが激しい年ではありますが、どんなことがあってもどっしりと構えることで、運が切り開けるでしょう。

「電話占い」に興味がある方へ
リリーがオススメする「電話占い」にご興味はありませんか? 一流の鑑定士が、「恋愛」や「復縁」、「離婚」や「不倫」、「仕事」や「人生」などに関する占いや相談に乗ってくれますよ♪ ぜひここから無料登録してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。