言霊とは?意味や効果、引き寄せや使い方について解説

こんにちは、リリーです。

言葉には霊的な力が宿ると昔から信じられています。これを「言霊」と言うのですが、1度は聞いたことがあるという人は多いことでしょう。

良い言葉を発することで、実際に嬉しい出来事や素晴らしい出来事が起こり、不吉な言葉を発すると凶事が起こると信じられています。

では昔から信じられてきた言霊とは一体どのような意味や効果があるのでしょうか。今回はその意味や効果、また引き寄せや使い方について解説していきます。

言霊の意味

言霊とは、発した言葉に霊的な力が宿っており、言葉がきっかけで現実に何かしらの影響が与えられると信じ込まれているものです。

霊的な力は科学で証明することはできないため、言霊の科学的根拠はありませんが、日本では古くから言霊の存在が信じられてきました。

発した言葉がきっかけで現実に何かしらの影響を与えるため、良い言葉を発すれば嬉しい出来事や素晴らしい出来事が、不吉な言葉を発すれば現実で凶事が起こると考えられています。

このような言霊を信じている人は、できるだけ自分や周囲の人を幸せにするような言葉を使い、不吉な言葉を使わないなどを心がける人が多いです。

言霊の力を信じるか信じないかはあなた次第ですが、たとえ信じていなくても、普段から「ありがとう」や「幸せ」など、自分も周囲の人も幸せになるような言葉を使用していきたいものですね。

 

言霊には2種類ある

言霊には「天国言葉」「地獄言葉」の2種類があります。

天国言葉とは「嬉しい」や「ありがとう」「愛しています」「幸せ」「許します」など自分も相手も幸せにすることができるような言葉です。

たとえ実際には気持ちがなくても、この天国言葉を繰り返し使用することで、気持ちや環境、状況は良い方向へと変化するとされています。

一方で地獄言葉とは、天国言葉とは反対に自分や相手を不幸せにするような言葉です。たとえば、不平不満や悪口、泣き言や文句、「許せない」といった言葉などです。

人は不満を発散しなければいけない時があります。ですが、地獄言葉を使っても自分も含め誰も幸せな気持ちにはなりません。

また地獄言葉を使うことで、より一層不幸を呼び込むことがありますので、地獄言葉は使わないようにしましょう。

言霊の効果

発した言葉には霊的な力が宿っており、言葉がきっかけで現実に何かしらの影響が与えられると信じられているのが言霊です。

自分や周囲の人を幸せにするような言葉、つまり「天国言葉」を使用することで、たとえ言葉に実際の気持ちはなくても、自然と嬉しい出来事や好運が舞い込んでくるとされています。

天国言葉を使用することで得られる効果をご紹介いたします。

 

より良い人間関係を築くことができる

「辛い」「苦しい」「しんどい」など地獄言葉を頻繁に使用する人よりも、「ありがとう」や「嬉しい」「幸せ」など天国言葉を使用する人には自然と人間が集まってくるものです。

人間関係に悩んでいる人は、できるだけ天国言葉を使用するようにしましょう。そうすることで、より良い人間関係を築くことができるでしょう。

 

自分や周囲の人が成長する

褒められて嬉しくない人はいません。中には叱られることで成長する人もいますが、叱るだけでは人は成長しません。時には褒めることも大切なのです。

後輩の育成や、子供の教育に携わっている人は「よくやった」「素晴らしい」など成長を促すような言葉を使用してみてください。きっと、成長のスピードは速くなりますよ。

また他人だけではなく、自分に対しても成長を促す言葉や、褒め言葉をかけるようにしてください。自分で自分を褒めることも必要なのです。

 

自然と前向きな気持ちになる

悲しい出来事や辛い出来事に直面した時、人は誰しも涙をながしたり、落ち込んだりすることでしょう。涙を流す、落ち込むといった行動はストレスを軽減させてくれるものなので、我慢する必要はありません。

しかし、このような状況の中で「辛い」「悲しい」「疲れた」「逃げたい」などの地獄言葉を使用すると、より一層気が滅入ってしまう可能性があります。こういう場合は、たとえ気持ちがなくても気分が明るくなるような言葉を発するようにしましょう。そうすることで次第に前向きな気持ちを取り戻すようになります。

言葉にすることが苦手という人は、前向きな気持ちになる歌を口ずさんでみるのもおススメです。

 

誰かを元気づける、勇気づけることができる

辛い出来事や悲しい出来事に直面した時に、前向きになるような音楽を聴き気分をあげるといった人が多いかもしれません。

言葉は誰かを元気づける、勇気づけることができます。

もし落ち込んでいる友人や知人がいたのなら、話をしっかりと聞いた上で元気づけられるような言葉をかけてあげましょう。もしかするとあなたの何気ない言葉が誰かを救うかもしれませんよ。

 

相手の行動を変化させることができる

「ありがとう」「助かった」など感謝の言葉をかけられることで、もっと親切にしよう、もっと協力したいと思った経験はありませんか?「ありがとう」と言われて嫌な思いをする人は少ないはずです。

感謝を伝える言葉は、相手の行動を変えることのできる力があります。

例えば、部下に仕事を頼みたい場合にはできるだけ、感謝の言葉や褒め言葉を使用するようにしてください。きっと、次からもあなたの頼み事を快く引き受けてくれるはずです。

感謝の言葉をしっかりと伝えることで人間関係はより一層深くなりますよ。

 

地獄言葉を使用したことによる効果

一方で、自分や周囲の人を不幸せにするような言葉、つまり「地獄言葉」を使用することで、悲しい出来事や不幸が舞い込んでくる可能性があります。

例えば、運気が下がる、病気を患ってしまう、金運や恋愛運の低下などがあげられます。

引き寄せの法則との関係

引き寄せの法則とは自分の願望を引き寄せて叶える手法とされています。

しかし、行動次第で幸せな出来事だけではなく、不幸せな出来事も引き寄せてしまいます。幸せな気持ちを持ち続けることでさらに幸せを引き寄せることができる一方で、不幸な気持ちを持ち続けることで、さらに不幸を引き寄せてしまうのです。

これは言霊にも似ていると感じませんか?

「嬉しい」や「幸せ」「ありがとう」など自分や周囲の人を幸せにすることができる言葉を発していれば、自然と幸せは舞い込んできます。一方で「悲しい」「辛い」「嫌い」など自分や相手が不幸せに感じるような言葉を発すると、不幸せは舞い込んでくることでしょう。

幸せに感じる言葉を発することで自然と幸せが引き寄せられる、言霊と引き寄せの法則には深い関係性があるのです。

引き寄せの法則とは?恋愛・お金・仕事に関してのまとめ

2019年2月8日

 

言霊の使い方

恋愛成就には言霊が鍵とされています。

言葉には現実で何かしらの影響を与える力が宿っています。恋愛を成功させるために「ありがとう」や「好き」「愛している」といった愛情表現となる言葉を多く使用するようにしましょう。

また嬉しい気持ちや楽しいといった気持ちは素直に言葉にするようにしてください。どんどんと恋愛に対しプラスになる言葉を発することが恋愛成就への近道と言えます。

一方で、「どうせ私なんか…」といった自分を卑下する言葉や自信のない言葉、また誰かの悪口を発するといったネガティブな言葉は恋愛の妨げとなりますので、やめるようにしましょう。

 

まとめ

言霊とは、発した言葉に霊的な力が宿っており、言葉がきっかけで現実に何かしらの影響が与えられると信じ込まれているものでした。

言霊には「ありがとう」「幸せ」「嬉しい」などの天国言葉、不平不満や愚痴、文句などの地獄言葉の2種類があります。

たとえ実際には気持ちがなくても、天国言葉を繰り返し使用することで、気持ちや環境、状況は良い方向へと変化すると信じ込まれています。

環境を良い方向に変えたい、前向きな気持ちを持ちたい、幸運を呼び込みたいと思う人は、天国言葉を日常の中で多く使用するようにしてみましょう。

「スピリチュアル用語」に興味がある方へ
「スピリチュアル用語」の早見表もぜひご覧ください。
「電話占い」に興味がある方へ
リリーがオススメする「電話占い」にご興味はありませんか? 一流の鑑定士が、「恋愛」や「復縁」、「離婚」や「不倫」、「仕事」や「人生」などに関する占いや相談に乗ってくれますよ♪ ぜひ、ここから無料登録してみてくださいね。

1 個のコメント

  • リリーさんのエンジェルナンバーに巡り逢えてから おかげさまで 前向きに過ごせるようになりました。
    悩みや迷いが減り 穏やかな気持ちでいる時間が 増えつつあることを実感しています。

    言霊を大切にしよう…と思ったのは 三度目の正直でやっと授かった子供が産まれてからでした。その息子も もうすぐ二十歳になりますが…。

    改めて言霊の意味を教えていただいて 深く理解することができました。気持ちにゆとりを持ち なるべくならポジティブになれる言葉を発していきたいな…と思いました。

    リリーさんの優しい言葉かけを 見習いたいです。
    いつもありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。