マントラとは?種類・効果、瞑想について解説

こんにちは、リリーです。

マントラという言葉を聞くと仏教のイメージやアジアの特別な言葉のように感じる人も多いと思います。具体的なマントラについて詳しく説明していきますね。

マントラとは?

マントラとは、サンスクリット語で「文字」や「言葉」を意味しています。「真言」とも言われており、マントラの内容は大乗仏教や密教で唱えられているものです。宗教的には賛歌や祈り、呪文などを短い言葉で表しています。

古代インド発祥のマントラには儀式や祈祷に使われる式辞のようなものと、瞑想の際に使われているものがあります。ヨーガの瞑想でマントラを唱えることで雑念を消し去り、精神を統一することができるようになります。

マントラの持つ言葉のエネルギーが心体魂のバランスを整える、調律の作用があります。唱え続けると悩みや不安から解放されて、生命力がみなぎって自然治癒力を高めることができるようになります。

マントラの種類

マントラと呼ばれるものは無数にあります。元のマントラの言葉を音楽と歌で表わしたり、唱える言葉が色々な形で利用されたりして、幅広い場所で使われるようになりました。

一般的に最も有名なマントラは「OM(a・u・m=オーム)」と発音するもので、「過去・現在・未来」と「誕生、維持、破壊」を表わしています。

マントラの言葉には、それぞれの単語に意味が込められています。目的別にマントラを使い分けて唱えることで、効果を発揮します。瞑想に使うなら、自分の直感で選んだ言葉を唱えても良いでしょう。

 

マントラの効果

マントラには癒しの効果や願望成就、前世のカルマやトラウマの消去などの効果があります。マントラの音を聞くことで、魂が浄化されてクリアになっていきます。マントラは現実世界で起きていることに囚われることや、ネガティブな思考パターンから心体魂を守り、負のエネルギーを解放することができます。

マントラの言葉に込められる波動エネルギーの効果

  • 霊性を上げる
  • 能力を開発する
  • 浄化を促す
  • 運命を良い方向に導く
  • 願望を現実化する 

など様々な効果があります。

マントラに対する正しい理解を深め、言葉の意味を信じる気持ちが必要になってきます。たくさんのマントラを覚えたり、勉強したりしなくても、気軽な気持ちで楽しんでみると良いでしょう。

ガヤトリーマントラ

ガヤトリーマントラは、インドでも最高のマントラとして多くの人に唱えられている、世界でも有名なマントラです。

密教として一般公開されることがなかったマントラを世に広めたのは聖人サティア・サイババ師です。邪気を払い過去世の罪を許し、カルマを解消できる最強のマントラと言われています。

「ガヤトリー」とはガヤトリー女三神のサラスヴァティ、ラクシュミー、カーリーが一体化した存在です。

サラスヴァティは学問や芸術的、コミュニケーションの神、ラクシュミーはお金や豊かな生活の神、カーリーは戦いや勝利の神です。

オーム ブゥ ブヴァ スァファ
物質的な世界 微妙な心の世界  因果の世界

タァ サヴィトゥ ヴァアレェエニャム
あの  宇宙の究極の実在を  あがめます

バァゴォ デヴァアシャ ディイマヒ
この究極の輝き  叡智の実在を、 深く瞑想します

ディヨォ ヨォナア プラチョゥダヨ
叡智によって われらが光となり、究極の実在と一つになることができますように 

ガヤトリーマントラは波動が高く、エネルギー酔いをする場合もあります。このマントラは聞き流すだけでも効果があります。

 

シャンティマントラ

シャンティマントラは癒やしに特化しているものです。心体魂のチャクラやオーラなど浄化され、調整が出来る事で正常化されていきます。

癒やしの効果を求めている人にはお勧めのマントラです。聞き流してみるだけでも効果を感じられます。

オーム ロカーハ サマスターハ スキノー バヴァントゥ
オーム 世界のすべてが至福になりますように

ロカーハ サマスターハ スキノー バヴァントゥ
世界のすべてが至福になりますように

オーム アサトー マー サッドガマヤ
オーム 偽りから真理へと導きたまえ

タマソー マー ジョーティルガマヤ
暗闇から光明へと導きたまえ

ムリティヨールマー アムリタン ガマヤ
死から不死へと導きたまえ

オーム シャーンティ シャーンティ シャーンティ 

 

その他のマントラ

不動明王

威力増大を表しています。

ノウマク、サンマンダザラダン、センダ、マカロシャダ、ソワタヤ、ウンタラタ、カンマン

 

愛染明王

縁結びや恋愛成就を表しています。

オン、マカラギャ、バゾロシュニシャ、バザラサトパ、ジャク、ウン、バン、コク

 

三面大黒天

金運上昇や厄除けを表しています。

オン、マカキャラヤ、ソワカ

 

瞑想

瞑想でマントラを唱えることで、雑念が取り払われ、瞑想に集中できるようになります。

私たちの心体魂は一定の心地よいと感じている波動の周波数があります。マントラから発する音の波動の周波数を自分自身で唱えることで共鳴が起こり、全身のチャクラを活性化させることができるのです。

マントラを唱える時に心掛けたいことは、自分の欲求を満たすだけに唱えても効果がないということです。

邪悪な心を振り払い、聖なるものに意識を集中させることが必要です。自分自身の波動を上げられるように、意識を高めることによって宇宙意識である創造主と繋がることができるのです。

 

真言

真言は密教と関係が深く、秘密を明かす教えとして言語化されたものを呪文にしたものです。古代インドから広まった仏教の教えが、国境を越える毎に発音が変化していきました。

日本では最澄の天台宗(比叡山)と空海の真言宗(高野山)などが密教の真言を伝えています。漢字で書かれた経典をそのまま読経していたため、読む人によって発音の違いが生まれました。

真言は元々サンスクしリット語から変化した言葉ですので、原文をサンスクリット語で発音し発声した方がより効果が高まります。言葉の音その物がチャクラに響くものだからです。真言とは言霊を発声することで得られる波動のエネルギーと周波数から、心体魂を浄化して活性化させるものです。

 

まとめ

古代インドのサンスクリット語であるマントラが国境を越えて世界各国で唱えられたり、歌になって受け継がれてきています。神秘の言霊とも言えるマントラや、日本に伝わる真言を上手に使って宇宙の波動のエネルギーを取り込んでみると良いでしょう。

マントラだけに頼ることは、場合によっては逆効果になることもあります。日頃から感謝の気持ちや愛情を忘れず、心体魂を正常化するように心掛けてくださいね。

「スピリチュアル用語」に興味がある方へ
「スピリチュアル用語」の早見表もぜひご覧ください。
「電話占い」に興味がある方へ
リリーがオススメする「電話占い」にご興味はありませんか? 一流の鑑定士が、「恋愛」や「復縁」、「離婚」や「不倫」、「仕事」や「人生」などに関する占いや相談に乗ってくれますよ♪ ぜひ、ここから無料登録してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。