【六星占術】火星人マイナスの2019年の運勢や、性格・特徴などを解説

こんにちは、リリーです。

火星人マイナスは、過去2年間を振り返ってみると、とても辛かった大殺界を抜けて気持ちも前向きになってきているでしょう。そしてこの2019年は、立花という更なる良い時期が巡ってきたので、積極的に行動していくことで、より良い成果を得られるでしょう。

今回はそんな火星人マイナスの人の性格や、恋愛・仕事・人間関係、2019年の運勢などについて解説していきたいと思います。

火星人マイナスの性格と特徴

強い反骨精神

火星人マイナスの人は、自分の行動に確固たる自信を持って進む事ができます。また、警戒心、判断能力や知性をフルに使って、自分にとって正しいことや可能なことを精査しながら進んでいきます。

志を高くもち、権威性が高いものでも簡単には信用しません。不合理なものには、背きたくなります。頑固な所が出てしまうと、周りの人がなだめようとしても無駄で、聞き分けのなさを露呈してしまいます。

火星人マイナスの人は、社会に上手に順応できている時は生きやすいので、周りとの温かい人づきあいをすることが大事です。

 

ミステリアスな一面

火星人マイナスの人は警戒心が強く、心を開きにくい性質があるので、周りから何を考えているのか分からないと思われがちで、とても表情を読まれにくいです。ですので、そこが火星人マイナスの異性を惹きつける魅力だとも言えます。

そのミステリアスな行動などによって、周りの人からは変わってる人と思われていることが多いです。

 

とても寂しがり

火星人マイナスの人は一人で黙っている時間がとても苦手で、特別なことをしなくても必ず誰かと一緒にいるか、連絡を取るようにします。

常に誰かとお付き合いをしているのも特徴です。ですので、誰かを自宅に呼んだり、出かけたりして一人の時間を作らないようにします。

火星人マイナスの恋愛

火星人マイナスの恋愛について、努力家で抜群のセンスを持っている特徴から、他の人にはない異性を惹きつける魅力を持っているので、とてもモテます。そのため、火星人マイナスの人は、異性には困らないことが多く、常に誰かと恋愛をしている人が多いです。

また、話し上手な人が多く、人を惹きつける話をすることができる人が多いです。

一方では、警戒心が強く、付き合いの浅い人を信用するケースが少ないので、自分からアピールすることが少ないようです。プライドも高く、相手が好きでもアピールすることがあまりないです。

しかし、異性からとてもモテるので、付き合いは絶えません。そういう意味では、本当に自分から好きになった人と付き合うケースは稀だといえるでしょう。

火星人マイナスの人はとてもさみしがり屋な性格の人が多いので、安心感や安らぎを求めて恋人に依存しがちになり、休みの日もずっと一緒にいたいと思う人が多いです。

 

火星人マイナスの仕事

火星人マイナスの仕事は、個性を発揮できるような分野や、フリーランス、他人とは違った業種に向いている傾向が強いです。

一つの物事に集中することが出来るので、自分の中で何をどうするかを常に考えながら行動していきます。一度突き詰めると、プロ以上の仕事をこなしていける才能も持っているので、専門職として開業することもあります。

個性的で魅力を持っているので、周りから尊敬される傾向にあり、人望が厚いです、そのため、人を一つにまとめるような立ち場に任命されることもあり、会社経営者にも向いています。

火星人マイナスの金運

火星人マイナスの金運については、お金を着実に貯めようとする傾向が強く、お金そのものにも執着があります。

金運が強いので、思わぬ収入が舞い込んできたり、何かと周りから金銭的な助けを得られることが多いでしょう。

お金を貯めたいから増やしたいという気持ちが強く、ギャンブルなどにはまりやすい傾向にあるので、注意が必要です。そして、もともと金運もあるので、ギャンブルで大きく当てる事もあり、のめりこんでしまう傾向にあります。

また、物欲も強いのでお金があまりない時でも何かを買ってしまいます。

 

火星人マイナスの家庭・結婚

火星人マイナスの家庭や結婚については、心が移り気でマイペースな恋愛を好む傾向があるので、結婚の運気が上がりにくいでしょう。長く付き合っている相手がいる場合でも、結婚が近くなると尻込みしてしまう場合が多いです。

また、家庭への責任感や子育てといったものに対応するのが苦手なので、異性にそういったイメージを持たれています。ですから運気も次第に逃げていき、結婚運から見放されてしまうでしょう。信頼関係はこれまでの行いが生み出すものなので、自分から行いを正す意識が火星人マイナスの人には必要となってきます。

一方で、人情味あふれた人が多く、困っている人がいれば親身になって相談にのってあげたりするので、周りからは信頼されることがあります。このような行動は、年長者から年少者に至るまで幅広い世代に好かれますので、その結果、誰にでも優しくするようになります。

自分の子供以外の知人や知らない人の子供までにも世話を焼くことがあるので、疲れてしまうことがよくあります。このように魅力的な面がありますが、家庭や子供からの縁が少し薄いところに、火星人マイナスの人にとっての悩みがあるでしょう。

火星人マイナスと相性が良い運命星

土星人プラス・マイナス

火星人マイナスと土星人プラス・マイナスとの相性は、同性なら良好です。立場が同じ場合はより深い精神的な話をできるような関係になります。

【六星占術】土星人プラスの2019年の運勢や、性格・特徴などを解説

2019年4月3日

【六星占術】土星人マイナスの2019年の運勢や、性格・特徴などを解説

2019年4月6日

 

火星人プラス

火星人マイナスと火星人プラスの同性の相性は良いです。お互いに励ましあいながら素晴らしい関係となるでしょう。

火星人マイナスと火星人プラスの異性の相性も悪くありません。友達として良い関係になるでしょう。恋愛の場合は、あまり関係が発展しなそうです。

【六星占術】火星人プラスの2019年の運勢や、性格・特徴などを解説

2019年4月6日

 

水星人プラス・マイナス

火星人マイナスと水星人プラス・マイナスの相性は良いです。

この2人は一緒にいることが多く、火星人マイナスと水星人プラス・マイナスはお酒好きですので、一緒に飲み会をすることがよくあります。

火星人マイナスと水星人プラス・マイナスの同性の場合、最初は盛り上がりますが、だんだん水星人プラス・マイナスの中身の薄すさに嫌悪感を感じて距離を置くようになるでしょう。

【六星占術】水星人プラスの2019年の運勢や、性格・特徴などを解説

2019年4月10日

【六星占術】水星人マイナスの2019年の運勢や、性格・特徴などを解説

2019年4月10日

 

火星人マイナスと相性が悪い運命星

土星人プラス・マイナス

火星人マイナスと土星人プラス・マイナスの異性の場合、相性はとても悪いです。

外見に惹かれることがあり、特に火星人マイナスが土星人プラス・マイナスに好意を抱くことが多いようです。しかし話してみると噛み合わず、お互いに欠点を責め合って最悪の状態になり、別れることでしょう。

火星人マイナスと土星人プラス・マイナスが仕事上で上司と部下の関係になったときも、相性は悪くなります。どちらも自分の主張をして言い合いになるでしょう。

【六星占術】土星人プラスの2019年の運勢や、性格・特徴などを解説

2019年4月3日

【六星占術】土星人マイナスの2019年の運勢や、性格・特徴などを解説

2019年4月6日

 

金星人プラス・マイナス

火星人マイナスと金星人プラス・マイナスの相性は、あまり良くありません。お互いがお互いをバカにすることがあるでしょう。

火星人マイナスと金星人プラス・マイナスの異性の場合、最初はお互いに魅力を感じる事がありますが、結果的に別れる事が多いです。

【六星占術】金星人プラスの2019年の運勢や、性格・特徴などを解説

2019年4月6日

【六星占術】金星人マイナスの2019年の運勢や、性格・特徴などを解説

2019年4月6日

 

木星人プラス・マイナス

火星人マイナスと木星人プラス・マイナスの異性の相性はよくありません。フィーリング人間の火星人マイナスと、家庭の星である木星人プラス・マイナスが一緒になると、つかみどころがなくなるでしょう。

火星人マイナスと木星人プラス・マイナスの同性の場合、相性はとても悪いです。真面目な性格の木星人プラス・マイナスにとってフィーリング人間の火星人マイナスは、とてもイライラするので、非常に仲が悪くなるでしょう。

【六星占術】木星人プラスの2019年の運勢や、性格・特徴などを解説

2019年4月8日

【六星占術】木星人マイナスの2019年の運勢や、性格・特徴などを解説

2019年4月10日

火星人マイナスの2019年の総合運

2019年の火星人マイナスの総合運は好調です。

2019年の「立花」というこの一年は、物事を決定づける運気になり、結婚や就職にはとても良いタイミングです。長く続けてきた趣味を仕事にしたり、規則正しい生活を習慣づけたりするにも良いチャンスですよ。

しかし、「立花」には、他の運気を強めるという特徴があり、月運で大殺界などの運気が入ると、途端に調子を落としてしまう可能性があります。これは人に対しても同様ですので、2019年は月運だけでなく、つきあう人にも気をつけたほうが良いです。

幸運期に入っていて相性の良い金星人プラス・マイナスの人たちは、一緒にいることで幸運を呼び込むことができる相手です。六星人のなかで、この年もっとも好調な運勢をもつ天王星人マイナスの人も、お互いにプラスになります。

もとから相性が悪いうえに大殺界に入っている土星人プラス・マイナスとは関わらないほうがよいでしょう。

 

まとめ

2019年の火星人マイナスは「立花」ということで良い運勢です。色々な事に積極的に動くのには良いタイミングです。

ただし外からの影響を受けやすい時期でもありますので、行動を起こす場合は運気が良い人を選んでくださいね。相性の悪い人からの影響を受けないように、運気が低下している人とは少し距離をおいたほうがいいかもしれませんね。

「六星占術」に興味がある方へ
「六星占術」の早見表もぜひご覧ください。
「電話占い」に興味がある方へ
リリーがオススメする「電話占い」にご興味はありませんか? 一流の鑑定士が、「恋愛」や「復縁」、「離婚」や「不倫」、「仕事」や「人生」などに関する占いや相談に乗ってくれますよ♪ ぜひ、ここから無料登録してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。