【夢占い】家の夢の意味は?壊れる・建てる・買う・侵入者など状況別に解説!

こんにちは、リリーです。

あなたは家が好きですか?休みの日はずっと家にいたい人、家の中でゴロゴロしているのが幸せな人、家で子供と遊ぶのが好きな人、家に対する思いは人それぞれです。家を城に例え、一国一城の主と称されるなど、お父さんが長い年月をかけて購入した汗と涙の結晶が家だと捉える方もいます。

今回はそんな家の夢について、状況別により細かく意味などを解説していきますね。

家の夢の全体的な意味

まずはじめに、家の夢が暗示する意味の全体像をお伝えしたいと思います。

夢占いにとって、家は自分自身を映し出してくれる鏡です。安心して住める我が家があるからこそ、様々なことにチャレンジしようという気持ちが湧いてきます。ですので、夢に家が出てきた場合、その状況がそのままあなたの心の状態、健康面、経済面、ありとあらゆることを示唆しています。

ちょっと汚れているなと感じれば、あなたの心や健康面などが汚れているのかもしれませんし、きれいにしていれば特に心配することはありません。夢占い的にはシンプルでストレートな印象を与えますが、状況次第でその夢が持つ意味合いも結構違うものです。

では次に、それぞれの状況別に家の夢が暗示する意味を解説していきます。

家が【壊れる】夢の意味

家は心や健康面など自分を映し出す鏡ですから、家が壊れるという夢はあなたの中で何かが壊れている、いずれ壊れるかもしれないという警告の夢です。汗と涙の結晶である家が災害によって壊れる夢では突発的な出来事で今までのことが台無し、無になることを示唆します。

ただ、自分で壊したわけではないので、あくまでも突発的な出来事ですべてが無になるというニュアンスの意味合いです。

また家族や仲間との人間関係が壊れる、自分の健康状態に異変が起きるなどの予兆もこの夢では感じ取れます。

なぜ壊れたかもここでは大事であり、すでにボロボロだったのに放置していたということは日々の体のメンテナンスを怠ればいつか大変なことになるぞというもう1人の自分からの警告です。

どんな理由であれ、家が壊れることは非常に耐え難いものです。そんな夢を見たあなたは、身の回りのチェックをすぐにしてみましょう。

 

家を【建てる】夢の意味

祭りも旅行もそうですが、計画を立てている段階が一番楽しいとされ、当日よりも準備段階にウキウキした経験をされている方が多いのではないでしょうか。

家を建てる場合も同じで、どこにどんな部屋を作ろうかと計画しているうちが楽しいです。それだけ家を建てるというのは幸せな出来事であり、人生で何度もない瞬間です。夢占い的にも家を建てる夢は非常に吉兆です。運気は急上昇、家が広ければ広いほど、出会いのチャンスは広がるので、この夢を見たら基本的にはラッキーです。

恋愛面も仕事面も順調、公私ともども絶好調という意味合いの夢なので、新築の家を建設途中のところを見つけたらイメージをつけるために、しっかり見ておくのもいいかもしれません。何事もイメージトレーニングは大事です。

家を【買う】夢の意味

人生で一生に1度あるかないかの大きな買い物は何かという質問をすると、多くの人は家と答えます。住宅ローンを何十年も払ってようやく手に入れられる家はまさに大きな買い物です。

家を買うことはこちらも吉夢であり、運気上昇を示唆します。新築物件であったり、大豪邸のようなところだったりすればさらに金運アップが示唆されます。

元々ある家ではなく、別の家を買う場合は少し意味合いが異なり、ターニングポイントが近々訪れそうという意味です。

大きな決断をしないと家は買えません。幸せになるための大きな決断の時期に来ているというもう1人の自分からの予言と受け止めましょう。

ただ、前の家より古い家をわざわざ買う夢は体調の悪化、劣化を意味し、あまり芳しい内容とは言えません。その場合は運気が下降気味なので、謙虚に受け止めることをおすすめします。

 

家への【侵入者】の夢の意味

家はあなた自身を映し出す鏡なので、本来そこにはあなたしか映っていないはずです。にもかかわらず、その中に全く知らない侵入者が入ってきたら怖いですよね?

夢占いでは2つの意味合いがあります。1つはその侵入者が運命の人であるというものです。

明らかに侵入者なのに、怖く感じないという場合は突然恋愛が始まるかもしれないというサインなのでそこまで怖がる必要はありません。

もう1つの意味合いはあなたが誰かに対して伏せておきたいことがあって、話したいけど話せない葛藤が夢に出てきます。本音は話したいけど、怒られるかもしれない。あなたの葛藤は家への侵入者となってあらわれ、その侵入者を怖がることになります。追い出すことができたり、捕まえられればそれらの悩みはいずれ解決されるという暗示ですが、隠し事をしていないか、今一度自らを省みましょう。

家に【人が来る】夢の意味

家に人が来る夢は人間関係が良好であることを示唆しており、身の回りの人たちに何かいいことがあるかもしれません。賑やかなところに幸せは巡ってくるものであり、常に周りに人が絶えないような人物は、人を引き付けるだけの魅力があることを意味します。

頻繁に人が来ることを考えると、人間関係ですばらしいことがあなたに巻き起こるかもしれず、恋愛面や友人、親友にめぐり合う可能性があります。自分がそんなに対人関係を気にしない、1人でもいいと思っている人も、深層心理にいるもう1人の自分に聞いてみると実はみんなと仲良くしたいと思っているかもしれません。

珍しくそんな夢を見たという人は、久しぶりに友人などに声をかけて遊びにいったり、お酒を飲みにいったりというのもいいでしょう。

 

家に【帰れない】夢の意味

終電を逃して家に帰れないという経験をした人もいるかと思います。近くのネットカフェやマンガ喫茶で寝ようとしても意外と眠れないものです。なぜなら不特定多数の人がいて安心できる場所ではないからです。家は安全でありリラックスできる場所です。その家に帰れないのは精神的に堪えます。

何かあなた自身に対人関係でのトラブル、モヤモヤがあるのかもしれません。素直に成り切れない相手があなたの周りにいることを暗示しています。

また普段寝慣れない場所で寝るのは疲労がたまりやすいです。リフレッシュしたいという心の叫びが夢に出てきたという見方もできます。

旅行先から帰ってきた時、やっぱり家が一番落ち着くという言葉をあなたは言ったことがありませんか?我が家が一番落ち着く、それが普通です。家に帰れないというのは普通ではない状況を意味しており、まずは日常を取り戻すように等身大の自分でいるようにしましょう。

 

まとめ

家も家族も恋人も実は同じような存在です。新築の時はウキウキワクワク、慣れてくると刺激がなくなり、飽きが出てくるけど、実はそこが一番落ち着くからです。

求められるのは安定感と安心感。それがあるから人は思いっきりチャレンジが行えます。住まいを確保することは人間の成長に絶対欠かせない要素です。

家が壊れれば生活を脅かすどころか、自分の身にとんでもない災難が降りかかることにもつながります。

家も人間も日々のメンテナンスが大事であり、異常が見つかれば修理することを繰り返して長持ちできます。

若いから自分は大丈夫とか、どうにかなるでしょとか思っていると最後はどうにもならなくなります。

夢の中に出てきた家が汚かった、暗かった、そんな時はあなたの心と連動していると思って、素直に明るく笑顔を心がけて人と接するようにしましょう。

「電話占い」に興味がある方へ
リリーがオススメする「電話占い」にご興味はありませんか? 一流の鑑定士が、「恋愛」や「復縁」、「離婚」や「不倫」、「仕事」や「人生」などに関する占いや相談に乗ってくれますよ♪ ぜひ、ここから無料登録してみてくださいね。
(提供:カリス)
「LINEトーク占い」に興味がある方へ
気軽にできる「LINEトーク占い」もオススメです!初回10分無料なので、ぜひここから相談してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。