【夢占い】パンの夢の意味は?パン屋・買う・食べるなど状況別に解説!

こんにちは、リリーです。

皆さん、パンはお好きですか?小さい頃によく食べた人、朝食といえばパン、パンの中でもアンパンが大好きなど、人によってこだわりがあります。

パンが好きな人にとって、夢の中でもパンが出てくるというのはとても幸せなことに感じますが、夢占いでは果たしてどのような意味合いを持つのでしょうか。

今回はそんなパンの夢について、状況別により細かく意味などを解説していきますね。

パンの夢の全体的な意味

まずはじめに、パンの夢が暗示する意味の全体像をお伝えしたいと思います。

そもそも食べ物が夢に出てくる場合、欲求を満たしたいと思っているものが出てきます。その際はどんな食べ物が夢に出てくるか、それがとても重要です。

パンは主食であり、いつでも手に入る身近なものです。このため、夢占いでは身近な人に対する愛情、豊かさなどを示します。

食べ物の夢で大事なのは、それがおいしそうに見えるか、食べ物自体が腐っていないかがです。ですので、そのパンがどのように見えるかによってはいい夢にもなれば悪い夢にもなります。

要するに、パンの夢は身の回りの幸せのバロメーターといっても過言ではありません。みんな幸せなのか、それともどこか暗さが見えるのかなどは食べ方やパンの状態で分かります。

では次に、それぞれの状況別にパンの夢が暗示する意味を解説していきます。

パンを【買う】の夢の意味

パンを選んでいる最中から楽しめるのが本物のパン好きであり、こんなパンがあるんだと目を輝かせながら買う人もいます。

そもそも夢の中でお買い物をする行為は、何かをゲットする、手に入れることを示唆しており、パンを買う夢では特に金銭面、人間関係の面で吉兆が見られます。収入が増えたり自由に使えるお金の幅が広がったり、金運アップを暗示するような夢なので、基本的には吉夢です。

ただ、それはパンが明らかにおいしそうな場合に限ります。どうみてもカビが生えたようなパンを買っている状態ではとても金運がアップする感じには見えません。おいしそうなパンをあなたがたくさん買っていればそれだけ経済的に潤うことを暗示しているので、とてもハッピーな気持ちになって大丈夫です。

他にも人間関係や恋愛関係でもいいことが起こるかもしれません。夢の中に出てくるパンがとてもおいしそうなパンであること、できれば焼きたてのパンであることを願うばかりです。

 

パンを【食べる】夢の意味

夢の中で食べ物が出てくれば、たいていのケースではそれを食べることになりますが、欲求を満たしたい気持ち、その人の健康状態、エネルギーの状況などが分かります。おいしそうなパンを幸せそうに食べている人はそれだけ健康状態もよく、エネルギーに満ちていることを示唆しており、すべてが順調という意味合いです。

問題は、明らかにおいしくなさそうなパンを我慢して食べている夢です。無理が祟って健康状態が悪化、エネルギーが満ちておらず、それどころかストレスが満ちているようなものです。

また、見た目はおいしそうなのに当人はそこまでおいしくないと感じる夢の場合も健康状態が芳しくなく、欲求も満たされていないような状態です。

フランスパンのような硬いパンを食べてなかなか噛み切れないというシチュエーションが夢に出てきたら、あなたの努力はまだまだだというもう1人の自分からの叱咤です。苦労しながらも食べられれば努力を続けて良いことが起こることを示唆し、食べられないと無駄に終わってしまうことを暗示しているので注意です。

【パン屋】の夢の意味

夢を見ていてお店が出てきた場合、今のあなたが何を求めているか、欲求の中心となっているものが出てくるので、何屋さんかが重要です。パンには金銭面、精神面の豊かさ、エネルギーという意味合いがあるので、それを求めていることを意味します。

パン屋が繁盛していれば、エネルギーも金銭面も満ちた状態にあり、自信満々なもう1人の自分が出ており、やや謙虚さを忘れがちな部分があります。

反対にパン屋に閑古鳥が鳴るようだと豊かさもエネルギーも足りない状態であり、一転して自信を持てない、不安を抱える姿が露呈します。

パン屋を探す夢を見た場合、今持っているお金を何に使えば良いのか気の迷いが出ています。求めているものが見つかるまでは無駄遣いはしないようにという暗示でもあります。

 

パンを【焼く】夢の意味

自分でパンを焼けるように、専用の機械が家電量販店で発売され、思い思いのパンを作って食べる人がおり、総じて幸せそうなオーラを醸し出しています。夢占いでも自分でパンを焼く夢は幸福感に満ちている状態を示唆し、何事も平穏無事に過ごせることを意味しているのでホッと一安心です。

パン職人が焼いている場合は努力を重ねてそれが実を結ぶ可能性が出てきたことを示しており、チャンスに備えて準備は怠らないようにというある種の警告がもう1人の自分からなされたと思うべきです。

ただパンを焼くのはいいものの、焦がすレベルまで焼いてしまった場合は人間関係で良からぬことが起こる可能性を暗示しています。焦がすということは焼き過ぎの状態なので、何かと過ぎたことになるかもしれません。多少自重して控えめを心がけた方がいいかもしれません。

パンを【もらう】夢の意味

人からプレゼントをもらったら、その人を意識するのが普通ですよね?パンをもらう場合もそれは同じで、パンをくれた人があなたに対してどんな感情を抱いているかが分かります。

自分にとって嬉しいプレゼントをくれた人に対して、もしかして好意があるのでは?と感じるように、おいしそうなパンなどをもらう場合はあなたのことを大切に思っているという暗示です。

反対に、なんでこんなパンをあげてきたのかと思うような、とても食べられないパンをもらうケースはその人に厄介事を押し付けられるかもという意味です。

パンは身近な環境、人間関係を示しているので、カビが生えたようなパンをもらうというのは、家族や親戚などから面倒な役目を押し付けられるサインかもしれません。

一方、交友関係がない人からパンをもらう夢もありますが、この場合は交友関係の広がりや臨時収入など予期せぬ幸運にめぐり合うことを示唆します。もちろん、カビが生えたパンなど食べられないようなものをもらう場合もあり、その時は突発的な災難に警戒しなさいという忠告となります。

 

まとめ

昔のパンはとても高いものであり、小麦の取れ高に左右されることから希少価値のあるものとも言われていました。

それゆえ、パンは金運のバロメーターになっていますが、日本ではどちらかといえば給食のイメージがあり、馴染み深い食べ物というイメージが強いです。

パンの夢にはこの両者の意味合いが重なっており、金運や身近な人への愛情、幸福感、エネルギーなどの意味を持ち、基本的には、いい夢と思って大丈夫です。

ただどんな食べ物でも腐ったら毒であり、体を壊すことにつながります。パンの夢はそこが鬼門となりやすいので注意が必要です。

焼きたてのパンは香ばしく食感も最高ですが、夢の中で出てくると、あなたが順風満帆、幸せの真っ只中にいることのサインです。実生活でも、夢の中でも焼きたてのパンをおいしく食べられるよう、充実した幸せが送れるように毎日を楽しく生きていましょう。

「夢占い」に興味がある方へ
「夢占い」の早見表もぜひご覧ください。
「電話占い」に興味がある方へ
リリーがオススメする「電話占い」にご興味はありませんか? 一流の鑑定士が、「恋愛」や「復縁」、「離婚」や「不倫」、「仕事」や「人生」などに関する占いや相談に乗ってくれますよ♪ ぜひ、ここから無料登録してみてくださいね。
(提供:カリス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。