【夢占い】好きな人の夢の意味は?話す・笑顔・そっけない・家族・電話など状況別に解説!

こんにちは、リリーです。

好きな人の夢を見て、「あともう少しでいいところだったのに!もう1回見たい!」と思ったことはありませんか?

夢に出てきた好きな人がどのような態度だったか、状況はどんな感じだったか、それによっては、運命を左右することも十分にあります。

今回はそんな好きな人の夢について、状況別により細かく意味などを解説していきますね。

好きな人の夢の全体的な意味

まずはじめに、好きな人の夢が暗示する意味の全体像をお伝えしたいと思います。

好きな人の夢が示すもの、それはあなたが持つ好きな人に対する願望です。

お話がしたい、夜を共にしたい、笑っていたい、これらはあなたの深層心理に眠る願望と言えます。ただ夢というものはこの日にこの夢を見たいと思って見られるものではありません。無意識に強く思っていたことが夢となって現れることが多いので、自然と抱いていた願望が夢となって出てくるものです。

一方、願望を抱く状況というのは現状に対して満足するよりまだまだ納得していない、不満に感じる部分が見られることを意味します。

なかなか言い出せない、だけど好きな人とこんなことをしてみたいというような、毎日のように感じる想いが夢に出てきて、一時の儚い夢ではありながら、その疑似体験ができます。

夢占いでは、その好きな人と何をしていたのかというのがとても重要です。

好きな人の夢を見た!という事実だけが記憶に残りがちですが、そこよりも何を見ていたか、何が印象に残ったかが大切です。夢占いは、夢から発せられたメッセージを読み解くために存在し、あなたに人生をバラ色にさせるヒントでもあります。

では次に、それぞれの状況別に好きな人の夢が暗示する意味を解説していきます。

好きな人と【話す】夢の意味

夢の中で好きな人と話す夢を見たあなたは、自分から話しかけたのか、それとも好きな人から話しかけられたのか、覚えていますか?話すことに変わりはないではないか、そう思ったあなた、実はこの2つで大きな違いがあるんです。

自分から好きな人に話しかけた場合、現状を打破したいというメッセージかもしれません。恋愛に奥手な人は自分を変えたいと心の中で考えており、それが夢に出てくることが考えられます。

好きな人から話しかけられた場合の夢は、その好きな人とたくさんお話をしたいという気持ちが出ています。

好きな人と話す夢を見た時点でもっとコミュニケーションがとりたい、まだ自分はできるぞと心の奥底に眠る「もう1人の自分」から叱咤激励されていると思うべきかもしれません。

 

好きな人が【笑顔】になっている夢の意味

夢に出てくる好きな人が笑顔だった場合、やはりこの場合も願望が込められており、その人に笑顔になってほしい、笑顔のままでいてほしいという想いが出ています。

一瞬、ネガティブな夢かと思いがちですが、実際はずっと笑顔を見ていたいなど、今でも十分笑顔だけどもっと見ていたいという幸せな気持ちが出ています。

笑顔になるということは、相手が楽しい気分でなければならず、その空間が幸せなものである必要があります。笑顔の夢を見た場合、2人でいる時に流れる空気がどんな感じなのかを振り返ってみるのがいいでしょう。せっかく話しかけてくれているのに愛想のない受け答えをしていたとか、面白そうな話題を切り出してくれているのに適当に相槌をしていたなんて反省するかもしれません。

夢はもう1人の自分からのメッセージと受け止め、笑顔になってもらえるような環境を自分自身で作っていくことが大切です。

好きな人が【そっけない】態度をとる夢の意味

好きな人がそっけない態度をとると、不安に駆られる人もいれば腹立たしく感じる人もいます。それだけ、行動的にネガティブなものと言えます。

そんな夢を見ようものなら、なんだか目覚めが悪そうですが、夢占い的にはいわゆる逆夢とされ、実際のところは相手も好意を寄せている時によく見るものです。

好きな人と一緒にいる場合、会話がないと不安になる人と会話がなくても居心地がいい人がいます。そっけない態度はこれに近いものがあり、距離感が近くて信頼関係があるとこうした態度をとってしまう人がいるものです。

ですので、そっけない態度をとる夢を見たとしても、そこまで悲観すべきではありませんが、警告の意味合いも多少はあります。

こちらはあの人のことを愛しているのに、私に対して愛情を注いでくれないという想いがあると、そっけない態度をとる夢を見やすいです。意思疎通というものがあまりとれていないことも考えられるので、今一度そのあたりの確認が必要と言えます。

 

好きな人の【家族】の夢の意味

好きな人の家族と会うと背筋が伸びたり、気に入られようとするも空回りしたりした経験を持つ人がいるかもしれません。

夢の中で好きな人の家族が出てくる夢には吉夢と呼ばれるプラスの夢が多く、関係性が良好であることを意味します。好きな人の家族に対してもいい関係を築きたい、人間関係を楽しみたいという気持ちも夢になって現れることがあります。

反対に、恋愛を相手の家族に邪魔される夢を見た場合、明らかに相手を信用し切れていない、もしくは自分に自信がない場合に見やすいです。

あなた自身が好きな人の家族をどのように思っているかが案外夢に出やすく、ちょっと距離があるようだとそれを想定した夢を見てしまうのかもしれません。距離を感じたあなたは、まず相手のことを信じてみてできるだけ心を開いて、自然体で振舞うことを心がけるといいでしょう。

好きな人と【電話】をする夢の意味

夢占いで電話はコミュニケーションなどの象徴とされ、好きな人と電話をする夢というのは相手とのコミュニケーションに関連があると言えます。

電話の内容がとても楽しいものでウキウキするようなものなら恋愛に関する熱がかなり高い状態であることを示唆します。

夢の中でまでコミュニケーションをとって、しかも楽しい気分になるのであればそれだけ相手に対する気持ちが強く、付き合う前ならかなりのチャンスがありそうです。話す夢に近いものがありますが、もう少し相手と意思疎通がとりたい、お話をしたいと強く思う人の夢にも電話が出てきやすいです。

ただ、電話をしたのに相手からの態度があんまり芳しいものではなかったというケースもあります。この場合は相手からの恋愛感情を感じ取れないと思っているとそうした夢を見ることがあり、別の人に切り替えた方がいいというメッセージになっています。

 

まとめ

好きな人が夢に出てきたら、その夢はあなたが思い描く理想形、願望と思っておいて、現実とのギャップを冷静に見る必要があります。

夢というのは、見たもの聞いたものを脳の中で整理する過程の中で見ることが多く、全く想像もしていない夢を見るということはほぼありません。

あなたは人から指摘されて、そういえばこんなことがあったと思い出した経験があるかもしれませんが、夢、夢占いというものは、いわばそのようなものです。夢は第三者が覗き見るなんてことはできませんが、深層心理に眠るもう1人の自分が、本当の気持ちに気づくよう叱咤激励するものと思うべきです。

もっと話したいけど我慢する、笑顔を見たいけど相手に求めない、その積み重ねが夢になって出ています。あなたはもう1人の自分からの問いに、どんな答えを出しますか?

P.S.
リリーがオススメする「電話占い」にご興味はありませんか? 一流の鑑定士が、「恋愛」や「復縁」、「離婚」や「不倫」、「仕事」や「人生」などに関する占いや相談に乗ってくれますよ♪ ぜひ、ここから無料登録してみてくださいね。
(提供:カリス)

すべてのエンジェルナンバー早見表

2018.05.21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。