【夢占い】月の夢の意味は?月食・太陽・月光など状況別に解説!

いかがお過ごしでしょうか、リリーです。

月には、ウサギやロケット、宇宙旅行というイメージがあると同時に、何か幻想的なものを象徴するチカラがあるのではないかと思いますよね。夢で月を見た場合は、そんな少し非日常な意味合いがあるのかもしれません。

今回はそんな月の夢について、状況別により細かく意味などを解説していきますね。

月の夢の全体的な意味

まずはじめに、月の夢が暗示する意味の全体像をお伝えしたいと思います。

夢占いで月の意味は、母性、慈愛、生命力、愛情、幸運、安らぎ、直観、支えてくれる存在を示しています。また、月の満ち欠けによって運気の状態が分かるでしょう。

では次に、それぞれの状況別に月の夢が暗示する意味を解説していきます。

月を【見る】夢の場合

月を見る夢の場合、男性か女性かによって意味が変わります。

男性が月を見る夢の場合なら、仕事運や金運が上昇することを示しています。日頃の努力や能力が評価されて、昇給や臨時ボーナスがある可能性が高いです。この夢を見た場合は、いつも通り前向きに仕事に取り組みましょうね。

女性が月を見る夢を見た場合なら、恋愛運の上昇や妊娠を示している吉夢です。あなたにとって素敵な男性と出会えたり、今の恋人と結婚が決まる可能性があるでしょう。妊娠を望んでいる場合は、嬉しい結果が舞い込んでくることでしょう。この時期は、前向きでいることでさらに運気の上昇を期待できますよ。

また、好きな人と月を見ている夢の場合、片想いの相手への想いを自覚したり、その恋心を素直に受け入れたりしていることを示しています。

さらに、月が三日月だったなら、新しいチャンスという意味があり、恋のチャンスが訪れる可能性があります。

月が半月だったなら、心の迷いを意味しており、好きな人と見たことで、お互いの想いを悟る予兆を意味しています。

 

【月食】の夢の場合

月食の夢の場合、あなたや、周りの女性に関する警告を示しています。月食の夢は、影響の範囲が広く、あなたや、周りの女性に恋愛運や金運が低下する意味合いがあります。

この夢を見た場合は、重要な決定や判断を早まってしまうと後戻りできない状況になる可能性がありますので、焦らず運気が回復するのを待つことが大切ですよ

また、月食の夢は、妊娠の予兆を示している予知夢でもあります。女性が月食の夢を見た場合は自分自身の妊娠を、男性が月食の夢を見た場合はパートナーの妊娠を意味しています。この夢を見た場合は、症状が出ていなくても妊娠の確認をしてみる必要があるでしょう。

月が【大きい】夢の場合

月が大きい夢の場合、あなたの願い事が叶うことを示しています。月は満ち欠けがある事から運気の強弱の変化を表していますが、大きい月は運気が頂点に達している事を意味していて、願っていた事が叶う兆しと受け取る事ができるでしょう。

結婚が成立する事や、新しい生命の誕生も期待できるでしょう。さらには、仕事運や習い事、金銭運などでも大きな目標が達成される可能性があるでしょう。

一方で、月が大きければ大きいほど自信に満ちている事を示しています。しかし、自分自身を過大評価している状況にあるとも受け取れます。自信を持って前に進む事はとても大切な事で、失敗を経験値に変えることは重要です。ただし、過大評価してしまうと自分の行動が絶対に正しいという気持ちが強くなり、周りの話を聞く事が出来なくなってしまう可能性が高いでしょう。自信と謙虚の両方を大事にバランスをとって積極的に行動することで、活躍が期待出来るでしょう。

大きい月に願い事をする夢の場合、あなたが運命を素直に受け入れて、自然な形で幸せになることを示しています。あなたは、不思議な力や運命をどこかで信じている人でしょう。ですので、突然自分や自分の周りに不思議な事が起きてもそれを受け入れることができますよ。近い将来、不思議な事が起きるかもしれませんので見逃さないようにしましょうね。

大きい月の光で空が明るい夢の場合、あなたの運命の人が距離的にまだ遠くにいることを示しています。しかし、近い将来その距離が急激に近付き、その距離はグングンと縮まるので、もうすぐ出会うことができるでしょう。自分に磨きをかけて待っていましょうね。

大きい月なのに周りが暗い夢の場合、あなたの運命の人が実は近くにいることを示しています。もしかしたら、まだ魅力ある異性として意識していないだけなのかもしれませんね。周りの人達を改めて意識してみると何か感じるものがあるかもしれません。

 

月と【太陽】を同時にみる夢の場合

月と太陽を同時に見る夢の場合、夫婦や父母といったパートナーがいるなら恋人との関係、または、新しい生命の誕生を示しています。夢の中で太陽の光を強く感じていたなら、父親、ご主人、彼といった男性からエネルギーを多く受ける事で幸運へと導かれるでしょう。

太陽よりも月に強い印象を受けていたなら、男性を支える女性を意識する事で、家庭円満になる可能性が高いでしょう。赤ちゃんを待ち望んでいるご夫婦にとっては、新しい命を授かる事になるでしょう。

一方で、もしあなたが体力的に消耗している時に見た場合なら、健康運の低下を示しています。早急に休養をとることが必要なようです。これ以上、無理をすると一気に体調を崩してしまい回復に時間がかかるでしょう。運気にも悪い影響が出ますので、思い切って休みましょうね。体力が回復することで運気も回復しますので心配はいりませんよ。

月が【2つ】出てくる夢の場合

月が2つ出てくる夢の場合、運気の上昇を示しています。月が満月で2つ3つと複数出てきていた場合、その数だけ大きな幸運が訪れ、更に運気が上がる事が期待出来るでしょう。

また、あなたが沢山の恋愛を経験したいと思っている場合なら、恋人の他に、違う人にも興味を持ってしまう事を示しているでしょう。

基本的に恋愛は自由ですが、相手を思いやる気持ちを忘れてしまうと、あなたも相手も傷ついてしまう事になるでしょう。節度ある行動を心がけましょうね。

 

【月光】の夢の場合

月光が部屋の中に差し込む夢の場合、周りの人からの甘い言葉に乗ってしまう危険性を示しています。窓辺辺りまでしか差し込まない場合は、誘惑にすぐ飛びついてしまうあため、トラブルに巻き込まれる危険性があるでしょう。甘い言葉の裏側にあるものを見抜く力を養いましょうというメッセージと受け取れますよ。

また、月光がかなり奥まで差し込んでいた場合なら、甘い言葉に対して慎重なため、そういった話に乗ってしまう危険性は低いので心配はいりませんよ。

財布を月光浴させる夢の場合、金銭面での不安から解放されたい気持ちを示しています。月光が財布に当たっている場合なら、吉夢になり、お金の出入りを明確に管理することで、金銭面での不安から解放されるますので、ぜひやってみましょう。

逆に月光が財布に当たっていない場合は警告夢になります。普段から無駄遣いが多過ぎる可能性があり、金銭面での不安から解放されることは難しい状態といえるでしょう。ノートや家計簿をつけるようにして支出入をハッキリと目に見える形にすることで解放される事が出来るでしょう。

一方で、夫婦や恋人との間に亀裂が入ることを示しています。身に覚えのない不倫や浮気の疑いをかけるかもしれません。亀裂が入ってしまうと争いや別れになってしまう可能性があるので、事実が出ないならハッキリと否定する必要がありますよ。

また、親から仕送りをしてもらっている人や、旦那さんの収入で暮らしている主婦の人、誰かの援助を受けていた人はその援助が断ち切られそうなことを示しています。突然そうならないように、対処するように行動しましょう。

月と【花火】が見えた夢の場合

月と花火が見えた夢の場合、無意識のうちに非日常的な出来事を求めていることを示しています。今現在、インスピレーションが高まっている可能性がありますので、実際に非日常的な出来事に遭遇するかもしれませんね。

ただし、月が欠けていたり遠くに感じたりする場合なら、情緒不安定になっている意味合いもありますので、冒険はせずに、現状維持を意識する事で少しづつ安定していくことでしょう。

 

まとめ

夢占いで月の意味は、母性、慈愛、生命力、愛情、幸運、安らぎ、直観、支えてくれる存在を示していましたね。月の満ち欠けによって運気の強弱や状態も表していました。

願い事が叶う事やインスピレーションといった少し非日常を感じさせる意味合いもあり、月の持つ独特な世界観を感じさせていましたね。

月の夢を見た場合は、少しいつもと違う自分に期待できるかもしれません。

「夢占い」に興味がある方へ
「夢占い」の早見表もぜひご覧ください。
「電話占い」に興味がある方へ
リリーがオススメする「電話占い」にご興味はありませんか? 一流の鑑定士が、「恋愛」や「復縁」、「離婚」や「不倫」、「仕事」や「人生」などに関する占いや相談に乗ってくれますよ♪ ぜひ、ここから無料登録してみてくださいね。
(提供:カリス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。