【夢占い】指輪の夢の意味は?もらう・つける・見る・買うなど状況別に解説!

こんにちは、リリーです。

プロポーズされて婚約指輪をもらう夢や結婚して指輪をする夢を見たのでしたら、ドキドキしてしまうでしょう。大切な人から指輪をもらう夢なのでしたら、一体どんな意味なのか気になってしまいます。

今回はそんな指輪の夢について、状況別により細かく意味などを解説していきますね。

指輪の夢の全体的な意味

はじめに、指輪の夢が暗示する意味の全体像をお伝えしたいと思います。

夢の中での指輪の意味は人との約束や繋がりを表わしています。指輪の状態や、やり取りの中で感じた印象によって解釈が変わってくるようです。

では次に、それぞれの状況別に指輪の夢が暗示する意味を解説していきます。

指輪を【もらう】夢の場合

婚約指輪をもらう夢を見たのでしたら、結婚したい気持ちや期待を表わしています。現在お付き合いをしている恋人がいるようでしたら、相手との結婚を望んでいる事を教えてくれています。まだ恋人がいない人も良い出会いがあることを表わしています。

一方、夢の印象が悪い感じのようでしたら婚期の遅れを暗示しています。結婚願望に意識を向けすぎずに、現実の相手との関係を大切にしてくださいね。

好きな人から指輪をプレゼントされる夢なのでしたら、プロポーズをされる事を暗示しています。指輪が輝いて光っているものなら、好きな人から愛の告白を表わしている吉夢になります。一方、指輪が指に合わない夢なのでしたら、あなたが好きな人の気持ちを知りたくて、不安な気持ちになっているようです。

友達から指輪をもらう夢なのでしたら、信頼のある人物から助けてもらえたり、告白を受けたり、恋愛を上手くサポートしてくれたりする事を暗示しています。恋愛から結婚へ発展する関係になりそうです。パートナーがすでにいる人はお互いの魅力を高め合う関係になっていくと良いでしょう。

 

指輪を【渡す】夢の場合

好きな人に指輪を渡している夢を見たのでしたら、あなたから愛の告白をする事を暗示しています。相手に指輪を受け取ってもらえたのでしたら、恋の成就を表わしている吉夢になります。なかなか相手に告白をする事が出来ない人は、勇気を出して告白をするタイミングだと教えてくれています。

元彼に指輪を渡している夢なのでしたら、過去のトラウマや負の感情から解放されたい気持ちが強い事を表わしています。過去から解放されて自由になるには、替わりの新しい指輪を手に入れることが重要になってくるようです。

【たくさん】の指輪の夢の場合

たくさんの指輪を付けている夢を見たのでしたら、あなたが自意識過剰気味になっているようです。周りの人に認めてもらいたくて見栄を張っている事を表わしています。過度なアピールは場合によって、周囲の人とのトラブルを招く恐れがあることを教えてくれています。

自分に自信を付けたいと思っている気持ちになっているのでしたら、行動で結果を残すように努力していくと良いでしょう。

 

指輪を【なくす】夢の場合

指輪を落としてなくしてしまった夢なのでしたら、夢の中で指輪は約束を意味しているため凶夢になります。家族や恋人、妻子、大切な友達などとの別れを暗示しています。お付き合いをしている恋人との関係が悪くなる事を伝えています。指輪をなくして慌てていたのでしたら、人間関係を見直して関係を修復出来るよう努力するように警告している夢になります。

一方、なくした指輪が別れた恋人からの物だったのでしたら、相手に未練が残っている事を教えてくれています。また、権力者からの援助が無くなってしまったり、大切な人との繋がりが切れてしまったりする事を暗示しています。大切にしたい関係なのでしたら、絆を強くするように努力していくと良いでしょう。

腐れ縁が切れなくて悩んでいた人がこの夢を見たのでしたら、縁が切れることで解放される事を表わしています。

指輪を【つける】夢の場合

指輪を付けている夢なのでしたら、恋愛運が上昇している事を表わしている吉夢になります。新しい恋愛の始まりや、恋人がいる人はより愛が深まることを伝えています。指輪を付ける事は人との関係を深める事や、約束を表わしています。仕事で責任のある役職に就く事や、出世をして大きな仕事を任せられるようになるでしょう。

指輪がぴったりだったのでしたら、恋愛運が最高に良い事を表わしている吉夢になります。

 

指輪を【拾う】夢の場合

指輪を拾った夢なのでしたら、異性と関係が深まる事を表わしている吉夢になります。誰かの落とし物を拾う事で、嬉しい出会いがあることを暗示しています。あなたとの繋がりを求めている人がいる事を表わしています。

指輪を【買う】夢の場合

指輪を買う夢を見たのでしたら、指輪は大切な贈り物になる事から大切な人を思う気持ちを表わしています。恋愛運が上昇している時のようですので、あなたの魅力が輝きを増して関係が深まる人が現れそうです。また、指輪は信頼を表わしており、大切な人との関係や約束を表わしています。信頼出来る人を求めている気持ちが強くなっているようです。

 

指輪を【外す】夢の場合

指輪を外す夢を見たのでしたら、今の環境を変えたい気持ちや、現実から逃れたい気持ちを表わしています。あなたは今までずっと我慢をしてきて限界を感じているようです。あなたを束縛している事から解放して、関係をゼロに戻したいと思っている事を暗示しています。

恋愛が上手く行っていない事を表わしています。恋人の事が理解出来ずにストレスを溜めているようです。相手との距離感が分からなくなると、関係もギクシャクしてしまうでしょう。相手の事を思いやる気持ちが大切だと教えてくれています。急がずにゆっくりと関係を深める事を考えていくと良いでしょう。

指輪を【見る】夢の場合

指輪を夢の中で見たのでしたら、恋愛のチャンスが巡ってくる事を教えてくれています。新しい異性と出会いや結婚を意味している吉夢になります。結婚している人なのでしたら、結婚生活が負担になっているようです。浮気や不倫などのトラブルにならないように気をつけるように教えてくれています。

ピンク色の指輪を見たのでしたら、ピンク色は幸運の象徴を表わしており恋愛運や結婚運が上昇している事を表わしています。女性が結婚指輪にピンク色の指輪を受け取った夢だったのでしたら、年下の将来性のある男性との相性がよいでしょう。結婚しても新婚の気持ちを忘れないで新鮮な関係でいられるようです。

ピンク色の宝石は大きなチャンスや幸運が舞い込む事を暗示しています。愛情に満ちあふれる恋愛や結婚を意味する大吉夢になります。

ダイヤモンドの指輪を見たのでしたら、婚約や結婚で結ばれる事を暗示しています。ダイヤモンドは永遠、成功、恋愛、幸運、財力、婚約、結婚などを表わしています。信頼の強さ、仕事の成功、永遠の価値を手に入れる事を伝えています。知り合いからプレゼントされたようでしたら、自分の結婚願望や価値を高めたい気持ちを認めている事を表わしています。

一方、知らない人から指輪をもらう夢なのでしたら、結婚したいと切望している異性が周りにいることを伝えています。ダイヤモンドの指輪が輝いて美しく光っている印象が強いほどに幸運が舞い込む事を表わしている吉夢になります。

 

指輪が【壊れる】夢の場合

指輪が壊れて曲がって歪んでしまっている夢なのでしたら、大切な人との関係が上手く行っていない事を表わしています。一度壊れてしまった指輪は元に戻す事は難しいでしょう。大切な人との関係を修復したいと思っているようでしたら、時間をかけてゆっくりと関係を戻して行くように伝えています。

宝石が取れてしまう夢なのでしたら、恋愛運が低下している事を表わしています。指輪に傷が入る夢も壊れる夢の意味になります。今お付き合いをしている恋人がいるようでしたら、恋愛が終わってしまう事を暗示しています。関係が悪くなってしまう事で、別れ話になってしまいそうです。

これからも、関係を続けたいと思うのでしたら、最善の対策を考えていく必要があるでしょう。

【薬指】に指輪をする夢の場合

薬指に指輪を付ける夢なのでしたら、結婚に対して強い自信を持っている事を表わしています。恋人のいる人なのでしたら、結婚まで順調に進んでいることを暗示しています。相手がいない人の場合なのでしたら、結婚願望がある一方で夢を見ている気持ちが強い事を表わしています。実際の結婚生活などの準備や情報を収集するなど、相手が現れてもチャンスを逃さないようにしていくと良いでしょう。

 

まとめ

夢の中で指輪は、女性の場合でしたら恋愛運や願望を表わしており、男性の場合でしたら、恋愛運や大事な約束を表わしています。指輪の夢を見たのでしたら、大切な人との繋がりを大切にしたい気持ちになっているのでしょう。結婚を意識しても良いタイミングだと教えてくれています。お付き合いをしている恋人と前向きな気持ちで結婚を考えても良いでしょう。

P.S.
リリーがオススメする「電話占い」にご興味はありませんか? 一流の鑑定士が、「恋愛」や「復縁」、「離婚」や「不倫」、「仕事」や「人生」などに関する占いや相談に乗ってくれますよ♪ ぜひ、ここから無料登録してみてくださいね。
(提供:ウィル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。