ソウルナンバーとは?相性の診断や占い、計算方法・出し方を解説!

こんにちは、リリーです。

みなさんはソウルナンバーという占いをご存知でしょうか?

ソウルナンバーはあなたの生年月日を元に導き出す数字のことで、その数字(ソウルナンバー)によってあなたの性格や相性などを占うことができます。

ソウルナンバーは1~9までの数字と、11・22・33・44のゾロ目ナンバー、全部で13個の数字からなり、11・22・33・44のゾロ目ナンバーは「マスターナンバー」と呼ばれます。

では、さっそくソウルナンバーの占い方法について解説していきます。

ソウルナンバーの計算方法・出し方

手順① 生年月日の数字を足す

たとえばあなたの生年月日が「1985年3月29日」だった場合、「1+9+8+5+3+2+9」のように、生年月日を分解し、それぞれの数字を足していきます。

今回の例の場合、「1+9+8+5+3+2+9」=「37」になります。

 

手順② 1の位と10の位の数字を足す

次に、合計して出た数字「37」を「3」と「7」のように、1の位と10の位に分解して、それぞれの数字を足します。

この場合、「3」+「7」=「10」になりますね。

 

手順③ 3つのパターンで場合分けして計算する

数字が1桁だった場合

今回は合計した数字が「10」となりましたが、仮にこの時の数字が1~9の1桁だった場合、その数字があなたのソウルナンバーになります。

 

数字がゾロ目の2桁だった場合

今回は合計した数字が「10」となりましたが、仮にこの時の数字が11・22・33・44のゾロ目の2桁だった場合、その数字があなたのソウルナンバー(マスターナンバー)となります。

 

数字がゾロ目ではない2桁だった場合

今回の例のように、「3」+「7」=「10」と数字がゾロ目ではない2桁になった場合、次は「10」を分解して、「1」+「0」=「1」というように、1の位と10の位の数字を足すということを、「1桁の数字が出る」「ゾロ目の数字11・22・33・44が出る」まで繰り返します。

今回の例のケースですと、最終的にソウルナンバーは「1」ということになります。

1桁の数字ではなくゾロ目の数字が出れば、そのマスターナンバーがあなたのソウルナンバーということになります。

以上で、ソウルナンバーの計算方法・出し方は完了です。意外と簡単にできますよね。

 

ソウルナンバーの例題

念のため、他のソウルナンバーの出し方の例を書いておきますので、参考にしてみてください。(赤い数字が最終的なソウルナンバーです)

  • 2000年5月1日生まれの場合 →「8」
  • 1959年09月29日生まれの場合 →「44」
  • 1982年6月19日生まれの場合 →「35」→「9」
  • 1978年1月3日生まれの場合 →「29」→「11」
  • 1999年09月29日生まれの場合 →「48」→「12」→「3」

ソウルナンバーの特徴や相性の診断

ではさっそく、導き出されたあなたのソウルナンバーの特徴や、あなたと相性の良い他のソウルナンバーを調べてみましょう。

下の画像から、あなたのソウルナンバー・マスターナンバーの数字をクリックして、詳細な内容を確認してみてください。

 

「ソウルナンバー」に興味がある方へ
「ソウルナンバー」の早見表もぜひご覧ください。
「電話占い」に興味がある方へ
リリーがオススメする「電話占い」にご興味はありませんか? 一流の鑑定士が、「恋愛」や「復縁」、「離婚」や「不倫」、「仕事」や「人生」などに関する占いや相談に乗ってくれますよ♪ ぜひ、ここから無料登録してみてくださいね。
(提供:カリス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。